ウサギの歯の本数は?「動物の歯の数を知ろう」その2

ウサギの歯が何本あるか知っていますか?

「動物の歯の数を知ろう!」シリーズ、第2弾です。

シリーズ一覧は「動物の歯の数を知ろう」シリーズまとめからどうぞ。

ウサギはどんな生き物?

ウサギは野生にもいる動物ですが、ペットとしても人気のある動物です。

ねここ
ねここ

動物園などで、ウサギと触れ合えるところもあるニャ

なんといっても、ウサギの一番の特徴は長い耳でしょう。種類によって大きさに差はありますが、他の動物と比べれば大きい耳であることに違いはありません。

ウサギは、哺乳綱ウサギ目の生き物ですが、以前はネズミなどと同じ齧歯目に分類されていました。

というのも、ネズミもウサギも、歯が一生伸び続ける特徴があったからです。

今では独立して「ウサギ目」として分類されるていますが、ネズミとは近い仲間でもある動物です。

ウサギの歯は何本?

ぐり
ぐり

ウサギの歯は何本あるのかニャ?

上顎は、
門歯(切歯):4本
犬歯:0本
小臼歯(前臼歯):6本
大臼歯(後臼歯):6本

下顎は、
門歯(切歯):2本
犬歯:0本
小臼歯(前臼歯):4本
大臼歯(後臼歯):6本

上顎の歯16本+下顎の歯12本=合計28本です。

ウサギの歯は、全部で28本です。

ウサギの歯は毎日伸び続ける

毎日少しずつ伸び続けるウサギの歯ですが、どれくらい伸びるのか知っていますか?

前歯である門歯(切歯)は、1年間に約12cm伸びます。

しょげ
しょげ

1ヶ月に1cmも伸びるの!?

伸びすぎると噛み合わせが悪くなってしまい、食事ができなくなったり病気になってしまいます。

そうならないためにも、固い食べ物を食べて歯が伸びすぎるのを防ぐ必要があります。

ねここ
ねここ

生き物は、それぞれ特徴に合わせた生活や食事が必要だニャ

コメント