犬と猫、飼育数はどっちが多い?

ねここ
ねここ

今回は、犬と猫のどちらが人気かお勉強だニャ

しょげ
しょげ

ペットとして飼われているのはどっちが多いのかな

ぐり
ぐり

きっと猫の方よ!

犬派と猫派の戦い

日本でペットとして飼育されている動物といえば、犬や猫がメジャーですね。時折珍しい動物が人気になってブームが沸き起こる時もありますが、やはり犬と猫の人気は不動のものです。

そして、人気があるだけに、犬派と猫派の戦いは長く長く続いています。

ねここ
ねここ

昔から、犬派と猫派の戦いは熾烈だニャ

犬派、猫派、双方の言い分はありますが、本当に人気なのはどちらなのでしょう?

長年の戦いに決着をつけるため、今回は「飼育数」に焦点を絞って判断してみました。

本当に人気なのはどっち!? 飼育数を調べてみよう

飼育数については、一般社団法人ペットフード協会の調査結果を参考にしましょう。

最新の「平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果」を読めば、犬と猫のどちらの飼育数が多いのか分かります。

しょげ
しょげ

漢字がいっぱいでよくわからないニャ……

ぐり
ぐり

そういう時は、グラフを見ればいいのよ

ねここ
ねここ

大事なところは、太字で書かれているニャ。とりあえず、そこだけでも読んでみよう

犬:890万3千頭、猫:964万9千頭

平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果

この調査結果では、犬の飼育数が890万3千頭に対して、猫は964万9千頭となっています。

ぐり
ぐり

やっぱり猫の方が人気ね!

いつからこの結果になったの?

もうちょっと調査結果を読んでみましょう。この調査では、過去5年間の調査結果を集計してまとめてあります。

時系列でみると、猫の頭数は横ばい、犬の頭数は減少傾向にあり、昨年に続き今回の調査でも、猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回りました。

平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果

2018年の飼育数は猫が犬を上回っていました。しかし、2014年の結果では、犬の飼育数は971万3千頭、猫は949万2千頭です。犬の方が多いですね。

猫の飼育数が犬を上回ったのは、2017年です。これは、1994年の調査開始以来初めてのこと。

この年に犬の飼育数は前年比4.7%減の892万頭となり、猫は前年比2.3%増の952万6千頭となりました。

過去5年間、犬の飼育数は減少し続けており、猫は横ばい状態となっています。

しょげ
しょげ

ペットの猫が犬よりも多くなったのは、結構最近のことなんだね

なんでこの結果になったのかな?人気の理由は?

ねここ
ねここ

猫を飼う人の方が増えている理由、分かるかニャ?

特に犬・猫共に「純血」が増え、「室内での飼育」が進んでいること、飼育阻害要因としては「お金がかかる」「集合住宅での禁止」があがるなど、『経済状態』や『住宅環境』が市場に与える影響は大きいと推測される。

平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果
しょげ
しょげ

犬は毎日散歩しなくちゃいけないから大変ってことかな

飼育世帯数のまとめを見てみると、犬が715万4千世帯に対し、猫は553万9千世帯です。

平均飼育頭数は、犬が1.24頭なのに対し、猫は1.74頭。

ぐり
ぐり

猫を飼っている人は、複数匹飼っている人が多いってことね

ねここ
ねここ

ちなみに、医療費を含む1ヶ月の平均支出総額は、犬が10368円で、猫は6236円。猫の方がお金がかかってないね

今後はどう変化していくのかな

ぐり
ぐり

当然、猫の人気が続くはずよ

年代別での今後の飼育意向は、5年前と比べ犬の飼育意向がどの年代でも減少しており、 最も飼育意向の低下が顕著なのは50代でした。なお、猫の飼育意向は、5年前と比べて ほぼ横ばいとなっています。

一般社団法人 ペットフード協会

猫の人気はこれからも続きそうですね。

犬vs猫の戦い 結果

今回は、飼育数の統計だけをもとに結果を出しました。

現在は猫の方が飼育数が多く、犬よりも人気があるようです。

ねここ
ねここ

色々お勉強になったかニャ?

ぐり
ぐり

やっぱり猫が一番ってことがよくわかったわ!

しょげ
しょげ

でも、犬もかわいいよ

コメント

  1. 匿名 より:

    私は、

  2. 匿名 より:

    犬派。

  3. 唯愛 より:

    私もそう思いました