ブタの歯の本数は?「動物の歯の数を知ろう」その8

ブタの歯が何本あるか知っていますか?

「動物の歯の数を知ろう!」シリーズ、第8弾。

シリーズ一覧は「動物の歯の数を知ろう」シリーズまとめからどうぞ。

オスのブタは、犬歯がずっと伸び続ける

歯が一生伸び続ける動物には、ネズミやウサギなどがいます。

ブタのオスも、犬歯だけは伸び続けます。

メスの犬歯はある程度の大きさになると伸びなくなるため、オスよりも小さいです。

ただしオスの場合も、去勢すると歯の伸びが遅くなります。

日本の農家のブタは、大多数は生まれて数日のうちに歯を切ってしまいます。

ブタの歯は何本?

上顎は、
門歯(切歯):6本
犬歯:2本
小臼歯(前臼歯):8本
大臼歯(後臼歯):6本

下顎は、
門歯(切歯):6本
犬歯:2本
小臼歯(前臼歯):8本
大臼歯(後臼歯):6本

上顎の歯22本+下顎の歯22本=合計44本です。

ブタの歯は、全部で44本です。

ブタの歯は、動物の中でも多い方

「動物の歯の数を知ろう」シリーズで取り上げている動物の中でも、ブタの歯の数は多い方です。

顎が長いとそれだけ歯の数が多くなりますが、ブタの歯は44本。

猫と犬を比べても、犬の方が顎が長いので歯の数も多いです。

ちなみに人間は、親知らずの数によりますが、28〜32本です。

コメント

  1. ジンベェ より:

    豚って歯があるんですか!?
    歯がないからハムハムしてると思ってた
    どっちにしろ可愛(≧∇≦)いい