イヌの歯の本数は?「動物の歯の数を知ろう」その7

イヌの歯が何本あるか知っていますか?

「動物の歯の数を知ろう!」シリーズ、第7弾。

前回は猫でしたが、今回は犬の歯の数についてです!

シリーズ一覧は「動物の歯の数を知ろう」シリーズまとめからどうぞ。

イヌの歯は人間やネコよりも多い

人間は32本、ネコは30本。

犬は顎が長いので、歯の数も多くなります。

犬には小型犬〜大型犬に分かれていますが、歯の数はどの種類でも同じ本数です。

ただ、通常よりも歯の数が少ない欠歯や、逆に歯の数が多い過剰歯の犬もいます。

イヌの歯は何本?

上顎は、
門歯(切歯):6本
犬歯:2本
小臼歯(前臼歯):8本
大臼歯(後臼歯):4本

下顎は、
門歯(切歯):6本
犬歯:2本
小臼歯(前臼歯):8本
大臼歯(後臼歯):6本

上顎の歯20本+下顎の歯22本=合計42本です。

イヌの歯は、全部で42本です。

犬は歯周病になりやすい!

人間と同じように、犬も歯周病になります。

歯周病を放置しておくと、歯がグラグラしていき、さらに深刻になれば歯が抜けてしまいます。

抜けた歯はもう戻すことができないので、しっかり予防する必要があります。

しょげ
しょげ

ごはんをおいしく食べるためにも、歯はとっても大事だニャ

犬は歯周病にはなりやすいですが、虫歯になることはほとんどありません。

虫歯になるのはかなり珍しいことなので、それよりも歯周病を防ぐためにも、人間と同じように犬も歯みがきをしましょう!

コメント