ウシの歯の本数は?「動物の歯の数を知ろう」その5

ウシの歯が何本あるか知っていますか?

「動物の歯の数を知ろう!」シリーズ、第5弾です。

シリーズ一覧は「動物の歯の数を知ろう」シリーズまとめからどうぞ。

ウシの歯は草を食べるのに適している

歯は食べ物を食べるときに使う、大切な体の一部です。

食事の種類によって、歯の形も動物ごとに様々です。

ウシは、草食動物。

草を食べる生き物なので、草をすりつぶして食べるのに適した歯の形や本数をしています。

肉食動物の場合は、獲物を捕らえるのに適した鋭い歯や牙があります。

ウシの歯は何本?

上顎は、
門歯(切歯):0本
犬歯:0本
小臼歯(前臼歯):6本
大臼歯(後臼歯):6本

下顎は、
門歯(切歯):6本
犬歯:2本
小臼歯(前臼歯):6本
大臼歯(後臼歯):6本

上顎の歯12本+下顎の歯20本=合計32本です。

ウシの歯は、全部で32本です。

ねここ
ねここ

ウシは上顎の前歯がないニャ!

ウシの歯は伸び続けている

ウシは草を、臼歯(奥歯)ですりつぶしてから食べます。

毎日たくさんの草をすりつぶしていると、歯も同様にすり減ってきます。

ウシの歯は、草をたくさんすりつぶしても大丈夫なように、毎日少しずつ伸びています。

しょげ
しょげ

生き物って、うまくできてるよね〜

コメント